TOPイメージ

私たちの想い

地域とつながり、新しいカタチの福祉を創造することで、誰もが夢を叶えられる社会の実現を目指す。
理事長 山中 裕二
理事長 山中 裕二
私たち山陰福祉の会は、理念を胸に、従来のやり方だけにとらわれず、
常に時代のニーズに合った新しいカタチの福祉として、地域に提供することを心がけています。
私たちは、「福祉業界だけでは、福祉を完結できない」と考えています。
本来、福祉とは「しあわせ」や「ゆたかさ」を意味する言葉です。誰もが幸福・豊かさを感じられるような「充実した福祉」は、いわゆる“福祉”のプロである私たちだけでは残念ながら創れません。何故なら、美味しいものを食べたいときは飲食店に、髪を切りたい時は美容院になど、私たちの日常生活は様々な人たちとの相互関係により成り立っているからです。

地域におられる様々なプロの皆様や他業種の企業様と、手を取り合い、支え合うなかでこそ、「充実した福祉」を創り上げていけるのでないでしょうか。またこの関係性は、私たちが企業と福祉を結び、更には福祉が企業に利益をもたらすことで発展し、続くものだと考えています。

私たちはこれからも、皆様と手を取り合い、新しいカタチの福祉への挑戦・地域福祉への貢献に全力で取り組んでまいります。
より一層のご支援、ご指導をお願い申し上げます。

ビジョン
地域社会を支援する核となる
山陰福祉の会は、障がいのある方・ない方に関わらず、子育てや就労、介護などのあらゆる 福祉のライフシーンを支援し、より幸福を感じられる地域づくりに取り組みます。
福祉と企業の融合を図る
山陰福祉の会では、従来の福祉の枠組みを超えた、福祉・企業の交流を図ることで、 両者にとって、そして地域全体にとって利益が生まれる新しいビジネスの創造を目指します。
障がい者就労支援とは
障がいのある方の「働きたい」という思いに応え、就業に関する相談支援や就職に向けた準備支援、就職後の職場定着に向けた支援に取り組み、自立への第一歩を踏み出すサポートを行います。
この支援は、一般企業への就労(=一般就労)を最終段階とし、事業のサービス内容は大きく2つに分かれています。
山陰福祉の会では、「就労継続支援事業」のうちの「A型(雇用型)」に取り組んでいます。
就労継続支援事業一般就労へのイメージ
工賃図
就労継続支援事業
B型(非雇用型)
障害福祉サービス事業所で就労や生産活動の機会を提供し、一般就労に必要な知識・能力が高まった方に対しては、A型(雇用型)や一般就労への移行に向けた支援を行う。
A型(雇用型)
将来的な一般就労を目指して、障害福祉サービス事業所との雇用契約に基づく就労の機会を提供することで、一般就労に必要な知識・能力が高め、高まった方に対して一般就労への移行に向けた支援を行う。
就労移行支援事業
一般就労を希望し、かつ就労が見込まれる方に対して、2年間、一般就労に向けて、事業所内や企業での実習や作業の支援、適性に合った職場探し、就労後の職場定着のための支援を行う。
山陰福祉の会 Facebook
さんふくフーズ Facebook
山陰和食処 海の声 Facebook
炭火焼肉いまがわ Facebook
ノウフクスーパー Facebook
角盤にじいろ保育園 Facebook
youtube
組織概要
プライバシーポリシー
お問合せ

てとり